Gallery, Shop, and Design
tel. 0952-27-6262
1-2-16 Mizugae, Saga-shi, Saga,
Japan #840.0054
  • instagram
  • twitter
  • facebook
© PERHAPS All Rights Reserved.
#perhapsmizugae #パハプス
Event Calendar
2019.4.13sat -2019.4.29mon

Eri Tsutsumy Drawing Exhibition 『Garden of Lights』

Eri Tsutsumy Drawing Exhibition 『Garden of Lights』

now on view!
Eri Tsutsumy Drawing Exhibition   『Garden of Lights』
art

4月の暖かくなる頃に、福岡を中心に活動しているアーティストEri Tsutsumyさんの山野草や花など春の風景をモチーフにした、ドローイングを中心とした作品展を企画しています。

初めてEriTsutsumyさんを知ったのは6年くらい前だったか、その時見た絵には、どこか影のあるミステリアスな印象を受けました。しばらく住んでいたスイスという土地のさらに片田舎での暮らしがそうさせたのか?と勝手に想像していたのだけど、後から話を聞くと、やはり、異国の地に暮らし感じた孤独感が作風に影響していたらしく、また、マーガレットという空想上の老婆の生活を描いたシリーズにはその頃の心境が見て取れます。

近頃は、モチーフを探すのはもっぱら自宅のアトリエから車で一時間ほど走らせた山の中腹にある祖父母の家、とその周り。
今年の2月、例年になく暖かいその景色の中を一緒に歩きました。祖父が亡くなり彼女が「光の庭」と表現したその場所には、花びらや葉の曲線や枝のうねりが目に入り、なるほど、Eriさんの視点とドローイングがリンクしていました。それらをモチーフにしたドローイングからは、彼女に最初に感じた「影」や「ミステリアス」な部分は感じられず、春の風のようなポンポンと軽やかでしっとりとした印象を受けました。

Eriさんの制作の工程は少し変わっています。まずキャンバスにドイツ語で言葉を書く。適当に筆を走らせドローイングし、その中から形を探って具象化していくという手法だそう。今回はその具象化する手前の部分を発表して頂きます。ある意味未完成な部分をさらけ出す、少し恥ずかしく照れくさい行為。
抽象と具象のプロセスが逆行したような、興味深い展示になりそうです。

2018.8.3fri -2019.2.28thu

YURISAN FRAME 1YEAR

額縁 百合山 額いちねん展

YURISAN FRAME 1YEAR
art

額縁作家 百合山(ゆりさん)の一年を通しての企画展「額縁 百合山 額いちねん展」。8月よりパハプスの1階スペースにて開催する事となりました。

毎月お題を設けて、そこからイメージした額を製作、展示販売、たまにワークショップも。
スタートする8月は、さっそくワークショップから。

木版の一刀彫りで作る額縁。裏側のカラクリも面白く、本当によくできています。
額縁は絵を引き立てる脇役のイメージですが、時として額縁だけを飾っても成立してしまうような、それそのものが作品だったり、また絵と額がピタッと合った(会った)時に、一つの作品として完成する事もあるように思います。
そういう額縁の楽しさを一年を通して感じていただければと思います。

ワークショップ 「ひたいを飾ろう」

「額(がく)」は”ひたい”とも読みます。
木の破片で顔を作り、そのひたいに絵や写真を飾る、簡単愉快なひたい装です。

日 時 : 8月25日(土) ・ 26日(日)
時 間 : 13:00〜(3時間程度)
参加費 : 2,000円  お茶菓子とドリンク付
人 数 : 両日共5名程度